SKPのいま(その12)

 

 今日からは4人目の先生の話です。

 

 ある生徒のお母さんから、入塾後1ヶ月たった時に、電話がありました。

 「うちの子、塾でちゃんと勉強してますか?」

 事情を聴いてみると、お父さんもお母さんも、塾ってしんどくて面白くないというイメージがあったそうです。

 ところがです。
 我が子は「塾が楽しい。他の習い事をやめて、もっと塾へ行きたい!」と言っている。
 楽しいということは、きっと塾で遊んでいるに違いない。そう思われたのです。

 

 

 「毎回、その日やったプリントの分厚い束を持って帰ってますよね? それを見ていただいてますか?」

 「はい。毎回見ています。」

 「それでしたら、遊んでないのは分かりますよね。」

 「そうですよね。」

 ということで、驚きとともに納得していただいて、それからはすごいファンになってくださいました。

 

 そのお母さんの現在の悩みは、
 「いろんなお母さんに紹介しているんだけれど、なかなか入塾につながらなくて。。。私の説明の仕方をもっと磨かないと。」なんですよ。 笑

 このお子さんの場合、小5の11月に入塾されましたが、現在小6で、数学は中1の6月ぐらいまで進んでいます。

 

(その13へ続く)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る