SKPのいま(その6)

 

実は昨年、
手狭になった元の教室を引き払い、
新たに60坪ほどの教室に移転して、
キャパが1.5倍になったので、
余裕があったのです。

ところが、今はそれが満員で、
近所にもう一つ場所を借りて、
高校生をそこへ追い出さないと(笑)、
増殖がとまらない小・中学生に
迷惑が掛かりそうな状況です。

 

 

長らく塾をやってきて、
いままでを全否定するつもりは
ないのですが、
「先に進める」ということが、
どういうことか、
本当には分かっていなかったのです。

SKPを導入することによって、
子供たちの持っている可能性を
もっともっと引き出せるんだ、
ということを実感しています。

 

心境の変化ですか?

SKPを導入してから、
自分の心に余裕ができて、
穏やかになったと思います。

以前は、
生徒が思うように動いてくれなくて、
なんで伝わらないんだろうという思いで、
日々、焦ることが多かったのが、
気付けばそういった焦りは全くなくなり、
心が落ち着いて、
余裕ができたんでしょうね。

年度変わりはいつも、生徒を集めるため、
いろんなことをしていて、しんどかった。

それが今は、
全く何もしなくてよくなったのです。

 

これからですか?

そうですね、もっと下へ、下へ。

3歳児を集めたいですね。

3歳からSKPをやって、
その子たちが自分でどんどん
やってゆけるようになって、
小3で完結!

それが間違いなくできる。
そう思っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る