大阪府寝屋川市 学習塾FRONT 植田剛仁先生

地域・自塾の低学力化に悩み、小学低学年から自塾を改造しようと決心し、SKP(スーパー飛び級)を導入したのが2016年3月。教育に敏感な保護者様に飛びついて頂き、噂が噂を呼び、僅か1年で小学生クラスは満員になり、大変心苦しいのですが新規の方はお断りしている状況。しかも学力の高い生徒さんが遠方からも通って下さっています。

SKPがあるというだけで、しっかりした塾と認識して頂ける様で、その他のクラスやコースもお問い合わせを頂いた方のほとんど全員が入塾して下さいました。

SKPはとても基本に忠実な教材なのに、これ以上はないスモールステップのチャレンジの連続が、子供をとても楽しく夢中にさせるようです。 なぜなら「自分の力で出来るんだ」という達成感が、子供が本来持っている、「もっともっとと次のチャレンジをしたくなる気持ち」を目覚めさせるように、愛情をこめて作られているからです。

愛情がこもった問題集って・・・一体何なんだ?・・・と思われるかもしれませんが、私もSKP以外にそんな問題集は見たことがありません。とても良い問題集や、丁寧な問題集は他にも沢山あります。しかしその点で比べてもSKPには到底かなわないと断言できます。ですから講師の役割は良き伴走者であり「寄り添う」ことが大切。

またSKP加盟塾の講師は、自由参加(無料)の研究・勉強会でお互いに研鑽を積み、高め合えるのも大きな魅力です。この学習法の開発者を中心に、この教材に惚れ込んでいる者の集まりですから、毎回毎回とても熱い内容です。知育教育の最前線に参加している、一緒に丁寧に作り上げているという喜びを持てます。

つい先日もこんなメールを保護者様から頂きました。 「今日学校で少し辛いことがあったようで、帰ってきて大泣きしておりましたが、それでも塾には行きたいと言っています。 塾の勉強はとても楽しいようです。どうぞよろしくお願いします。」

SKPに出会えて本当に良かったと今は日々喜びを噛みしめ、感謝しながら生徒と接しております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る